エラの輪郭形成(エラ削り)デメリット

エラの輪郭形成(エラ削り)デメリット

エラの輪郭形成(エラ削り)のメリットを知ったならば、今度はデメリットについても把握しておきましょう。デメリットを知らずして美容整形をすれば、後悔してしまう可能性もありますので十分に注意が必要です。

まずデメリットで大きなものには、削る行為が伴う施術になりますので、リスクが付きまとうというものがあります。例えば、術後には大きめの腫れや痛みがあって、プチ整形を受けるような気軽な気分で受けられるようなものではありません。

さらに、術後に痺れや知覚麻痺が発生する可能性があって、かなり高確率で発生するので注意が必要でしょう。これらについては個人差もありますが、大体術後半年程度でおさまるものとなっています。これらは、エラを削る際に知覚神経を傷つけてしまうことによるもので、当然技術の高い医師が手術をすることによって、その影響を最小限におさえることができます。

また、気道閉塞による窒息の可能性もありますので、こちらは余裕を持った入院期間を設けて、病院で安静にすることが重要になってきます。エラの輪郭形成(エラ削り)は得られる効果も高い代わりに、これらのリスク、デメリットもありますので忘れないようにしてください。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.