エラ削り術後のアフターケア

エラ削り術後のアフターケア

エラ削りはダウンタイムの大きな施術でもありますので、ダウンタイムに対してのアフターケアは重要になってくるのではないでしょうか。

まずは内出血についてですが、腫れがひいた後になりますが、腫れがひいた後は温めることによって早く消すことができます。

また、内出血が出ているからといって見た目以外に支障はありませんので、無難に自然解消を待つのもよいかもしれません。さらに、日常生活についてですが、手術したばかりは表情や動作によって顔に痛みを感じる場合がありますので、あまり過度な表情や動作はしないようにするべきでしょう。

続いて気になる洗顔やシャワーについてですが、洗顔は手術後3日目くらいから可能になってきます。シャワーは術後1週間くらいから可能になってきます。また、タバコについても1週間くらいまでは本数をおさえるべきで、吸うという動作が傷口に響くこともありますし、血行が悪くなってむくみの原因にもなりますし、ダウンタイムの腫れのひきが悪くなることが考えられます。

このようなものがエラ削りのアフターケアになってきますので、手術を受ける前にこれらの事柄について確認しておくのもよいのではないでしょうか。そうすることで、スムーズにダウンタイムをぬけられるかもしれません。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.