エラ削り術後のダウンタイムの期間

エラ削り術後のダウンタイムの期間

エラ削りといえば美容整形の中でもかなり大掛かりな手術です。そのため、多くの人が気になってくるのがエラ削り後のダウンタイムの問題となります。

まず、エラ削り手術は入院込みで行われることが多いですが、クリニックによっては日帰り手術を行っているところもあります。そのため、ダウンタイムではありませんが、入院日数も考えて計画を立てる必要があるでしょう。

術後3日程度は強い腫れが見られる傾向があって、これは人によっても異なりますし、クリニックで入院する場合は腫れをなるべく抑えるような措置をします。そして、3日程度の強い腫れを境に、1週間程度くらいまではむくんでいるような感じになってきます。このむくみの状態についても個人差があって、人によって3週間程度続くような場合もあるようです。

また、エラ削りのダウンタイムで注意したいのが腫れと共に内出血です。こちらの内出血については10日程度は強いものを覚悟しておく必要があり、術後の行動によってはより強く発生してしまうこともありますので、十分に医師から言われた注意事項を守るようにしましょう。このようなものがエラ削りのダウンタイムになってきますので覚えておくとよいでしょう。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.