エラ削りの痛み

エラ削りの痛み

エラ削りで気になることといえば、やはり施術中の痛みやダウンタイムの痛みではないでしょうか。エラ削りは美容整形の中でも大掛かりになりやすい手術になっておりますので、ダウンタイムや施術中の痛みについてはしっかりと把握しておきたいものです。

まず、エラ削りは骨を削る手術である場合もありますので、手術中の痛さは想像を絶する、というようなイメージの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、骨を削るような輪郭矯正にもなれば、それ相応の麻酔設備も整ったクリニックになりますので、麻酔医監督のもとで痛みのない手術を受けられます。全身麻酔の場合は意識そのものがありませんし、手術中の痛みについてはまず気にする必要はないでしょう。

エラ削りの痛みで気になるのは、どちらかといえばダウンタイムの時の痛みで、ほぼ確実に腫れが待っていると思った方がよいです。ピークは術後3日程度となっており、術後は顔がバンテージによって顔が締め付けられますので、そこからくる違和感もあるかもしれません。

痛みの方は、薬でコントロールできる部分でもありますので、想像を絶するというようなものではありません。人によっては薬でコントロールされているので、あまり感じないという人もいるようです。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.