エラ削りの失敗・後遺症

エラ削りの失敗・後遺症

エラ削りは非常に大掛かりな施術になりますので、美容整形の中でも特にリスクや後遺症による問題が心配なのではないでしょうか。

そんなエラ削りのリスクについて調べてみると、顎とエラの境目が不自然になってしまうというリスクがあります。具体的には、不自然な段差が発生してしまうという状態で、これは医師のスキル不足による部分が大きいです。

また、術後に麻痺が残っているというのもエラ削りで多い後遺症のひとつで、時間をかけてゆっくりと麻痺が解消していく場合もありますし、なかなか麻痺が解消されない場合もあります。これはエラ削りが骨を削る作業だからこそ起こりうる問題で、施術中に何らかのミスで神経を傷つけてしまった可能性が高いです。

さらに、骨を削るような美容整形ではしっかりと輪郭のバランスを考えながら施術をしなければなりません。これを怠ることによって、左右差が発生してしまうというリスクがあって、エラのコンプレックスを解消するつもりが、ひとつコンプレックスが増えてしまった、というような状態にしないためにくれぐれも細心の注意を払ってクリニックを選定する必要があります。

また、感染によるトラブル、血腫などの後遺症も考えられます。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.