カウンセリングからエラ削りまでの流れ

カウンセリングからエラ削りまでの流れ

カウンセリングからエラ削りまでの流れを確認してみると、まずはカウンセリングによってどの程度エラを削るのかを確認したり、手術に伴う重要事項の解説などが行われることでしょう。

そして、手術当日には全身麻酔を使って手術が行われていきますので、その準備も必要になってきます。削る際には口腔内を切開して行っていきますので、傷跡を他人に知られるということはまずないといってもよいでしょう。施術時間は、大体2時間程度となっており、全身麻酔を使った施術になりますので、3日程度の入院が必要になってきます。

これは、術後に気道閉塞を起こしてしまわないように対処したり、万が一発生してしまった場合に迅速に対処をするためのものです。術後の経過については、2週間から4週間程度の強い腫れが伴いますので、社会生活をしている方は、入念なスケジュールを練る必要があるでしょう。

また、気になる術中の痛みについては、全身麻酔をすることから、術中の痛みについては全く気にする必要がないでしょう。カウンセリング時にリスクなどについて事前に説明されることになるかと思われますが、かなり大掛かりな手術になりますので、今一度必要かどうかを考える必要があるでしょう。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.