両親にも許可をもらって臨んだエラ削り

両親にも許可をもらって臨んだエラ削り

私は、エラ削りを受けたのですが、この手術を受けるまでには随分時間がかかりました。まず、これを母と父に伝えるかどうか、という部分で迷って結局は時間をかけて悩み抜いた結果、両親からもらったカラダということでしっかりと伝えることにしました。

最初は反対されると思っていたのですが、どうしてもという私の気持ちに動かされたのか、全く反論されることはありませんでした。整形することを母親に打ち明けることで、なぜだか胸に留まっていたつっかえが取れたような気がして、そこからは割とすんなり手術まで進んでいった感じです。

しかし、やっぱり怖いこともあって、これまで病気知らずの私は、全身麻酔を受けたことがなかったのです。麻酔といえば歯科治療の麻酔程度で、今思うとあそこまで大掛かりな手術になるとは予想していませんでした。カウンセリングの時に予め説明があったのですが、私はイマイチ理解していなかったようで、手術当日に驚いてしまったのです。

しかし、術中は全身麻酔なので、それほど気になることもありません。ダウンタイムはそれなりに辛かったですが、エラが削れて整った顔立ちになれたので、あのくらいの痛みは仕方がないと思っています。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.