辛いダウンタイムを乗り越えて整った顔立ちに

辛いダウンタイムを乗り越えて整った顔立ちに

私はエラ削りを受けたことがありますが、色々な意味で落差の大きな手術だと思っています。口コミなどを確認するとダウンタイムがなかなか辛いものになるとあり、これはカウンセリングでも事前に言われていたことです。ある程度の覚悟をしていたのですが、予想以上の痛みと煩わしさに悩まされたダウンタイム期間でした。

とにかく、痛みを強くしたくないのであまり動くことはせずに、食事も限られたものしか摂取できない感じでした。
そのおかげで意外な効果もあって、それはエラ削りを機会にダイエットが成功したというものです。体重増減どころではないダウンタイム期間でしたが、実際に症状が落ち着いてから確認してみると、数キロの減量に成功していました。

ただ、ダウンタイムの影響で辛いのは、数日間くらいで私は入院込みの手術だったので、医師がすぐ近くにいるという安心感はありました。ダウンタイムの強さはどのくらいかといえば、私は自身が体験した、少し生え方が難しい親不知を抜いた時くらいかと思っています。

そのダウンタイムと引き換えに、子供の頃からコンプレックスだったエラが目立たなくなったので、最終的には大満足の手術となりました。痛みやダウンタイムのリスクを背負うだけの価値はあるのではないでしょうか。

© 2014-2015 エラの輪郭形成で綺麗になりたい All Rights Reserved.